アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


先日

先日東京に移動中のクルマの中で、昔からよく仕事をともにしたフォークシンガーがNHKラジオの歌番組に出ていた。 若い新人の歌手も一緒だった。 新人歌手は石垣島出身で声がよく伸び、聴いていても気持ちは良かったが、ベテランの元?フォークシンガーは聴くのも辛かった。 ベテランといっても未だ50代。唄っているうたもいつから路線変わったのというくらいの変わり様。 フォークであろうが、歌謡曲であろうが、理屈ではなく歌としてあって欲しい。 押し付けがましいメッセージよりもうたが聴きたい。
ボサノバのジョアン・ジルベルトが来日する。 71歳。

投稿日 : 2003年06月28日 14:21 個別ページ表示

サファリンゲール

ライブレポート欄、01/8/9の池袋ダブリナーズを見ていて思い出した。 12人のアイリッシュダンサーとバンドはサファリンゲールの4人、プラス僕とマンドリンの坂本君で日本全国を回っていたっけ。 ツァーも終わりに近づいたころ、ダンサー達があるコンサートの本番でいきなりスカートを僕らに向かってめくった。 僕らは唖然とした。 アイルランド語でFUCK YOU! を七人のダンサーがパンティーのお尻部分に文字を縫い付けていたのだ。  バンド全員大笑い。  疲れが出始めていた後半戦の粋なJOKEに僕らは参った。 いつかお返ししようとバンドもタイミングを見計らい、今度は同じFUCK YOUを靴の裏に文字を貼って、本番のクライマックスで一斉にダンサーめがけて足を差し出した。 もちろん大受け! お客さんは他分分からない。 またみんなに会いたくなってきた。

投稿日 : 2003年06月24日 14:20 個別ページ表示

吉田町

八戸、弘前と太田裕美さんのツァーを終え翌21日青森空港から東京に、自宅に戻りすぐに支度をして埼玉の吉田町へ向かった。
しんどかったのでエグザンティアで行きたかったがせっかく自然のなかを走るのだからと、前から管理人と示し合わせて2CVで関越を下った。炎天下、2CVの車内は地獄のように暑い。 追い風に乗り(笑)100kで巡航中
突然エンジンがストップ。あわてて路肩に待避。しばらくエンジンを休ましてから、セルを回すが掛からない。 予備のコイルを持っているので付け替えて再度トライしたが駄目。バッテリが元気を失いそうなので、2CVはクランク掛けが出来るのでよいしょっとクランクを回すが弾き飛ばされる。 日陰だったので良かったが、時間のことが気にかかり始める。 冷静になってエンジンルームを観察していたら、クーリングファンの下にコードが一本垂れていて、それがぶちっと切れていた。 なんとか繋いでエンジンを懸けたがそれでも掛からない。 クルマ仲間に携帯で修理の指示を聴きながら、あれこれトライしてみるが・・・・。 それからしばらくして、偶然同じ道を北上中のクルマ仲間がレスキューに来てくれた。 とりあえず、けん引してもらってサービスエリアまで移動。 そのご、修理の神様と呼ばれるメカニックから電話で指示を貰いながら、一時間半くらい悪戦苦闘してやっとエンジンが掛かった。 なんだかんだと2CVはあるがいつもかならず直る。 今回のトラブルは不運だった。 点火コイルのコードがファンに絡んで切れてしまったために、始動不能になったのだ。 こんなこと滅多にないと神様も言っていた。
この日は、吉田町のロッジで管理人のMin2にギター伴奏で手伝ってもらう仕事。
急いで現場に駆け付けたらもう本番は始まっていて、MIn2は焦っていた。 そらそうです、彼はアマチュア。 なんの打ち合わせもできず、そのままマイクの前に二人立ち演奏。 僕はなにがあっても慣れているから大丈夫だが、この日は音響設備もお話用のシステム。 音響的には最悪の条件の中、アドリブで進むステージに管理人はよく付いて来てくれた。 管理人の2CVは快調。 翌日帰路に付いたが何ごとも無かったようにアリ2CVは快調だった。 帰りに吉田で普通の民家がやっている蕎麦屋に寄ったが雰囲気も味も良かった。 次回は9月から10月にかけてキノコが旨いとの事なのでぜひまた寄って見ようと思っている。 もちろん2CVで!

投稿日 : 2003年06月23日 14:18 個別ページ表示

新小岩社会教育館のセミナー

昨日、新小岩社会教育館のセミナーがはじまった。始まる前にロビーで資料の整理をしていたら、70歳くらいのおばあさんが現れ、近くのソファに座った。
そしてポケットから銀色の細長いハーモニカを取り出しいきなり吹きはじめた。 それも、ごく自然にさりげなく、適度な音量でひとフレーズ吹いた。そしてすぐに席を立ち、出入口にある傘置き場まで行き、こんどは軽やかに、口ずさむように、なにか聞いた事のある曲を吹きはじめた。それは「花」だった。お婆さんなのに、立ち居振る舞いが少女のように爽やか。ああ、ハーモニカってええな。こんな自然に日常の中でハーモニカ吹けたらええな。
あのお婆さんは達人や。

しばらくしてセミナーの時間が来たので教室に入った。今回はどんな顔ぶれか楽しみに見わたしていたら、目の前に先ほどのお婆さんがちょこんと座っていた。
参った!

投稿日 : 2003年06月18日 14:17 個別ページ表示

あす日曜日は

あす日曜日は岐阜・富加町にて太田裕美コンサートに出発。ジミ・ヘンドリックスのLittle Wing がレパートリーに入っているので、Harpにエフェクターをかます事にした。前からDr.Kことトクに薦められて買っておいたKorg AX1500Gを今日はテストした。音色がしっかりしているので使えそう。マルチエフェクターでアンプシュミレーター付きなので結構はまってしまい一時間ほど楽しめた。あとは現地でチェックして使えるかどうか。

6/1からはじまる新小岩社会教育館のセミナーが定員30人になったと報告があった。 担当のMさんとは昔、椎名誠・怪しい探検隊・山形林間学校で知り合った人。モカさんもそう。
8回講座で受講者も最近では初級者はもちろん、中級者も増えて来ている。毎回いろんな人がやってくる。ウチからは遠いけどみんな音楽が好きで楽しんでいるのを観ているとハーモニカやってて良かったと思う。

投稿日 : 2003年06月14日 14:15 個別ページ表示

いよいよ

いよいよ新しいアリタイムスがはじまった。
昨日は朝からケーブルテレビの工事、昼から産經新聞埼玉版の取材などがあり慌ただしい1日だった。それで、深夜ま新しいページを開いたら日記の欄が・・・・空っぽ・・・。おまけにメールアカウントを取るのがそのままになっていたのを思い出し焦りまくり・・・・。道理でこのところ胃の具合が悪かったのは・・・・。

産經新聞埼玉版の記事は6/21に掲載。

投稿日 : 2003年06月12日 14:13 個別ページ表示

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと