アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


体重

今日やっと那智山の写真がアップできた。 あれだけ山を歩いたので東京に戻ったらさぞかし筋肉痛で大変と思っていたが、それが全然痛くなかった。 年も年なので2、3日後には出るよと人に言われていたがそれもなし。 やっぱり、あの勝浦の温泉が効いたなと思っている。 泊まったホテルは「ホテル浦島」という二千人収容のでかいホテル。それも船で渡るのだ。温泉は幾つもあり洞くつ風呂は太平洋を眼前に入る。 暇つぶしに体重がどれくらいかなと思い計ったら55キロだった。
前に計った日を憶えていないが、たしか50キロだった筈だ。 え、5キロも?
なんだこれは! どうりでこのごろ服が窮屈なはずだ。 シェープアップできるかな。

投稿日 : 2003年09月23日 17:39 個別ページ表示

熊野

コカリナの黒坂さんのサポートで明日から和歌山の新宮へ。 6時間ほど掛かる旅。
新宮に3日間滞在できるので楽しみにしている。熊野は興味深いところ。

投稿日 : 2003年09月13日 17:39 個別ページ表示

XB-40 ファースト・インプレッション

昨日ホーナー輸入元のM社に予約していたXB-40を受け取りに行った。
キーはとりあえずG,A,Cの3本。 1本¥12000也!!にしてはビニールケースが安っぽい。 これでは同社のKochモデルと同じだ。 でも、嬉しくて帰宅するまで車の中で、帰ってからもずっと吹いていた。 音は普通に吹くとクロマチックだ。なんだ、こんなもんかという印象。 しかし、吹き方を少し変え、吹き込むうちにそれはだんだんとブルースハープに近いトーンに変わっていく。 これはクロマチックでも既存のブルースハープでもない独特のサウンドが出せる事がわかった。 フレーズも今までと違ったアプローチが出来ることがわかる。ふだん使わない穴でベンドができるので思わぬフレージングがつくれる。 マウスピースの厚みはかなりあり、違和感はある。 クロマチックの厚さを想像した。穴も大きい。 しかし、思っていたほどブルースの奏法でも使える。でてくる音のボリュームは大きい。 リズムバンプ奏法でも独特のサウンドだ。
というわけで、これから吹き込んでいく事が楽しみなハーモニカがやってきた。
コントロールに工夫がいること、吹き吸いのベンドが出来る事など条件はあるが、いままで出ていたこの手のクロマチック系ハープより現実に使えるハープ、そして、これはブルースハープ奏者のためのクロマチックハープと捉えても良いと思った。
ポジションやスケールのことなどよく知っているハーモニカ奏者に、ぜひ薦めたい。
個人的には低音部にあと1つか2つ音が欲しいと思った。 担当者の話から察すると他分まだ改良されていく可能性があるようだ。
しかし、これって売れないやろな。 コストも大分掛かってるとの事。
思わず、どうやって売るのって聞いてみた・・・・
また次回インプレッションをやる予定。
興味のあるかたBBSで語り合いましょう。

投稿日 : 2003年09月12日 17:37 個別ページ表示

読書

片付けものをしていて気付いたのが、最近雑誌の量が減った事。
以前はツァーの移動中に本屋でよく買い求めていたが、インターネットをやるようになってから情報はほとんどネットで検索出来てしまうのだ。 雑誌が次々と廃刊に追われるのも無理はない。 それで、ツァーの移動や仕事で東京に電車で行くときに、何を読んでいるか。 自分はほんとに本を読まない人間だと思う。 雑誌人間だ。
でも、このところ僕も本を読むようになった。 それは、1冊の短編小説集がきっかけだった。 長編小節は昔から苦手で、すぐ途中で集中力が無くなるのだ。
それで、短編小説を選び、その中の一番みじかいのから始める。 そうすると、集中力が出て来て、そのうちどんどんと次のも読みたくなってくる。 情けない読み方で恥ずかしい。 本を読むスピードもほんと僕はのろい。 だから短編。
そのなかでお勧めの短編集ですが、講談社文芸文庫から出ている「戦後短編小説再発見」。全部で七巻出ていて僕は「生と死の光景」を読み感動しました。
序文に書かれているが、[人生を切り口鮮やかに一瞬のうちに示してみせる言葉の技術。一人の人間のその複雑な内的世界を丸ごと描いてみせる文章の技量。]
管理人はぜひ読んで欲しいな。 このなかの「夏草の匂い」。

投稿日 : 2003年09月11日 17:36 個別ページ表示

部屋のかたづけ

今日は暑かった。 昨日から部屋の片付けを始めた。足の踏み場も無い位ちらかっている。 楽器とカメラに押しつぶされそう。 とりあえず、要らないものを捨てる。
そして、売れそうなものはHardOffに持っていく。 安物のエレアコギター、 バンジョー、モデムなど7品ほど・・・でも全部で1000円だった。 がっくり。 他のものはお持ち帰り下さいとの事。 ついでにジャンクコーナーを観ていたら、ポラロイド1000が200円で出ていた。 腹たつな。 これ、この間2000円でオークションで買ったのに。 でも、これ良くなかったけど。 明日は車に満載の衣類、雑誌、段ボールなどを清掃局に捨てにいく。 それでも、部屋の中はいっぱい。 今度はヤフーオークションだ。

投稿日 : 2003年09月10日 17:35 個別ページ表示

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと