アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


2003年の終わりに

大みそか、遠くから聞こえてくる鐘の音を聴くのが好きだ。 毎年、家族で近所のお寺に出向いていた事もあったが、その寺が廃寺になってしまったのがきっかけで行かなった。 この辺り田舎なのでみそかの夜はクルマも人も少なく、寺の周囲は足下も暗くなる。地味な寺だがこじんまりしていて好きだ。そんな静けさのあちこちから、家族単位の一団が寺めざして歩いてくる。 本道で拝んでみかんとダルマを貰い、去年もらったダルマをたき火で燃やしてもらう。 それから、鐘をつく行列に並ぶのだ。今年の無事を感謝し、来年の運を祈願しながら鐘をつく。ゴーンと長い余韻のなかで僕はいつも子供の頃感じた、匂いや色、音、声、誰かの顔、テレビのニュース、家の風景など、走馬灯のように現れては消えていく。


ari 投稿日 : 2003年12月30日 18:03

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと