アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


蛍の光

いいアルバムを聴いている。「エディ・リーダー/ロバート・バーンズを想う」(ビクターエンターティメントVICP-62427)。 スコットランドのフェアグラウンド・アトラクションの女性シンガーのソロアルバム。ロバート・バーンズは18世紀に生きた詩人、極貧のまま37才の短い生涯を終えたが死後スコットランドの国民的詩人として愛されている。日本では有名な「蛍の光」があるがこれは彼の作品だ。しかし、原曲はまったく違っていて、このアルバムの「Auld Lang Syne」で聴く事ができる。
この歌詞がすばらしく良い。

Auld Lang Syne
古くからの友だちのことをすっかり忘れ去り
二度と思い浮かべないことなどあるだろうか?
昔なじみのことや、長い歳月の思い出をすっかれ忘れ去ることなど

過ぎ去った長い歳月のために、ねえ友よ
古くからの思い出のために
変わらぬ友愛に祝杯をあげよう
長い長いつきあいに

二人で小さな丘の斜面を駆け周り
野に咲くひな菊をいっぱい摘んだね
ずいぶんと昔のあの頃から
くたびれた足をひきずりながら
わたしたちはあちらへとこちらへとさまよい歩き続けてきたね
過ぎ去った長い歳月のために・・・・・

途中略

さあ、握手だ、わたしの信頼すべき友だちよ!
あなたも手を差し出して!
変わらぬ友愛に祝杯をあげよう
長い長いつきあいに
過ぎ去った長い歳月のために・・・・・

長い長いつきあいに


ari 投稿日 : 2004年01月12日 18:33

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと