アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


高田 渡 トリビュートアルバム

昨日、シールズレコードが企画した高田 渡のトリビュートアルバムの録音に参加した。渡ちゃんの友人のシンガー達が1曲ずつ彼のうたの中からセレクトしていて、僕は「アーリータイムス・ストリングスバンド」で「私はわたし」を録音した。アーリーの録音は楽しい。自由な発想でどんどん名曲が変わっていく。今回はコミカルな「私はわたし」になった。五人のメンバーがひとりずつ各パートを受け持ちおんな役を演じ?た。僕もすっかりこのおんなにはまつてしまった。紅一点の竹田裕美子嬢は自分とおなじ生きざまのこのワタシに、やけくそ?ともいえるうたを披露してくれた。ひさしぶりの楽しい録音だった。が、深夜まで掛かりぼくはバテぎみ。今朝は早くから出発して「セクシーパンサー」とのファーストコンタクト。自分のこども達と同じ世代のメンバー。ああ可愛らしい。はじめてのレコーディングの為のプリプロ。つまり予行演習というか、シュミレイションをつくるのだ。西海君がいいフォローをしてくれて助かる。今回は渡ちゃんの息子の高田 蓮君も参加してくれている。どんなCDができるか期待と不安が入り交じった気持ち。 それにしても眠くて眠くて・・・・


ari 投稿日 : 2004年05月10日 19:04

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと