アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


録音2件

今日は夏川りみさんの録音でバスハーモニカを吹きに神谷町のサウンドシティのAst.に行った。 アコギの巨匠!吉川忠英氏がアレンジ。ドラムには同じラストショーのメンバーの島村英二ことシマと、ベースには大仏さん、豪華!。他パーカッションやキーボードの方が二人で同時録音だった。りみちゃんは小柄な人でやっぱりうたは上手かった。曲はアイリッシュ風だが沖縄がメインになっていて、どこか無国籍なサウンドにアレンジされていた。全編に僕のバスが流れていたがミックスでどこまで使われるかわからない。 しかし、バスは吹きっぱなしなので、慣れない自分としては普段の倍はエネルギーの消耗は激しい。吹くとき音の立ち上がりが普通のハーモニカとちがって遅いのでリズムとブレスコントロールが難しい。案の定、ベーシック録音後、居残りで修正させてもらった。そうこうしていると、隣のBスタジオから人がざわざわと入ってきた。そこには、角田ヒロさんとベースの美久月さん、なんとハーモニカの八木くんまでいた。Bst.ではCMの録音があったそうだ。誰かがこんどはメンバー入れ替えて同じ演奏しようと冗談を飛ばしていた。角田ヒロとは古い知り合い。彼がドラマーだった時によくいっしょだった。ぼくと話すときいつの間にか関西弁になるのだが、これがけっこううまい。ファションデイレクターで有名になった四方義郎や、サディスティックミカバンドの今井裕らとなんかぶらぶらして遊んでいたことがあったな。 しかし、この日一番ビックリしたのは八木のぶお君にスタジオで遭遇したことだ。こんなことは滅多に無いし、今までも無かったこと。AスタとBスタの間のロビーでパチリ!と記念撮影をした。そのご渋谷の教室へ向かった。


ari 投稿日 : 2004年05月24日 19:13

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと