アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


串本へ移動

香住町には歯科医の西村先生が住んでいる。西村さんはその昔、東京世田谷の砧で歯科医院を開業していて、ラストショウはバンド全員歯でお世話になっていた。その後ご両親の為に故郷香住にて歯科医を営まれている。そして大のカントリー好きで、今年スティールギター奏者尾崎 孝プロデュースで本格的なCDを作ってしまった人。今回の香住でのライブは予定に無かったが、西村さんの熱い要請で実現した。会場は汐の香りがする小さなスナックで、地元の人たちで熱気むんむん。アットホームな雰囲気の中演奏をさせてもらったが、疲れの自覚が無い中でオレンジプロッサムをやった時、ブレスがツイて行かなくなっていた。 こういうときKey Aのハーモニカはやたら重く感じられる。その後、宿に戻り温泉に漬かった。明くる日もいいお天気。旅館の2階から観る港町の景色はまるで小津安二郎の映画に出てくる景色と同じ。お昼は西村さん自慢のカニ工場の事務所にて、シーズン最後の紅ズワイガニの食べ放題。宮崎バンドのみんなも黙々と食べていた。ここから僕は一人旅がはじまる。これから和歌山県串本まで7時間の鉄道移動だ。


ari 投稿日 : 2004年06月14日 19:30

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと