アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


James Cotton

先日ブルーノート東京にJames Cottonを観に出かけた。会場で八木君と会う。Cotton予想はしていたがやっぱり歳いったな。こう頭ガンの手術後元気にカムバックして嬉しいが、もうヴォーカルはとらないので寂しい。ひたすらハーモニカを吹くがしんどさが伝わってきてなんだか辛かった。力は無くなっても音色は失せないと思った。ひと吹きすればCotton節は健在。はじめて見たんだろうと思われる若いお客さんには伝説のブルースマンがそこにいるだけで満足なんだろうな。でもそんなに騒ぐほどいいかな、今日のこのステージ。ボクはうしろの若いバンドばかり観てしまった。帰りがけに八木君も「このバンド貸してくれないかな」。
前から有田君に薦められていたフランス映画「僕のスゥイング」のビデオを観た。ジャンゴギターのチャボロ・シュミットが出ていてバリバリ弾きまくるわそれはすごい。完全にノックアウトされました。途中おばあさんがひとりアカペラで唄うシーンも良かった。映画としてはもうひとつの出来だったがジプシーの生活感がよく描かれていて興味深かった。


ari 投稿日 : 2004年08月14日 19:44

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと