アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


「大西ゆかりと新世界」

先日、青梅市民文化会館で「大西ゆかりと新世界」のコンサートに行ってきた。家から山伝いにクルマで走ること30分。台風の影響で青梅も雨がちらほら。「大西ゆかりと新世界」の素晴らしさは故坂庭省悟君から教えてもらった。京都の「都雅都雅」で行われた八時間耐久ライブにもゲストで来ているのを見て僕もいっぺんにファンになってしまった。70年代の歌謡ポップスショーの雰囲気に、海原千里風ギャグが飛び交いそれはおもろいショーでした。それにカバー曲が無く、オリジナルで攻めて来るところが良い。それでいてどの曲もどこかで聴いたような錯覚を憶えてしまう。7分入りの客席はけっこう年齢層が高い。でも、大西ゆかりさんは持ち前のサービス精神旺盛なギャグでおっちゃんおばちゃんをどんどん引き込んで行く。関西芸人の性です。プロデューサーのA氏は古い友人。大阪の有名な「春一番」というコンサートの仕掛人でもある。60年代後半、天王寺野外音楽堂から始まった「春一番」を未だ続けているその精神力に頭が下がります。「これでヒット曲がでたらええねけどな」と一言僕につぶやいた。コンサートが終わり満たされた余韻の中、雨降る街道沿いを走るとレトロな映画の手書き看板がいくつも連なっていた。東京の一番はしっこで「大西ゆかりと新世界」。このミスマッチが絶妙な夜だった。


ari 投稿日 : 2004年08月31日 19:47

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと