アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


月見ル君想フ

きのう南青山曼陀羅のすぐそばにあるというライブハウス「月見ル君想フ」に行った。渋滞にハマってしまいえらい遅刻。場所がまた見つけにくかった。出来てまだ三か月しか経たないというこのお店で今日はひさしぶりにアーリーのライブをやる。あわてて着いたらもう5分しかリハができないらしい。悪い事してしまった。1曲だけチェックしてあとは楽屋で口リハーサルで確認。今日はマーガレットズロースという変わった名前のバンドとのジョイント。25、6才の若いバンドだった。渡辺 勝君が以前面倒見たらしく、メンバーから師匠と呼ばれていて可笑しかった。アーリーの持ち時間は45分。アーリーは昔からメンバーひとりひとりがそれぞれ自分の持ち歌があってそれを唄った。本番になると、いつものことだが打ち合わせどおりには演奏できない。しかし、不思議にまとまってしまうのがアーリーのおもろいところ。楽器も曲が始まってから持ち替えたり、気が向いたらコーラスやってたり、間奏抜いてしまったり・・・と適当だ。僕はこの日、久しぶりに「キングコング」を唄った。「ラストショウ」でのキングコングはダイナミックに演奏されるが、アーリーではひょうひょうとして力の抜けたスカのリズム。マーガレットズロースのメンバーがとてもこの曲にぞっこんで、終わってからどうやってこのうたを書いたのかと質問を受けた。吉祥寺のアーリーハウスに居たとき、テレビで映画「キングコング」をやっていてその時の印象で一気にこの曲ができたということをお話した。キングコングは白黒のオリジナル版が一番。こどものころ両親に連れられて観たときの印象と、吉祥寺の家で観た印象が重なり歌が出来たんだと思う。摩天楼の窓明かりと、キングコングの悲しい目が一緒に重なって見えたのが強烈に憶えていたが、後になって映画を観てみるとそんなシーンは見当たらなかった。おそらく自分の想像のなかでイメージが膨らんでいきそう信じていたのかな。とにかくこの夜も楽しいステージができて良かった。ほろ酔い気分の村上ロホホラとひさしぶりに帰りのドライブをした。昔は日産キャブオールトラックで一緒に入間までよく帰ったな。今はオレンジのトゥインゴに変わった。アーリーはいつまでも変わらないバンド。


ari 投稿日 : 2004年12月23日 20:09

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと