アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


アナログとデジタル

近頃、部屋の中が物だらけになってきて整理を始めている。要らないものを捨てに行ったり、楽器や機材、沢山収集してしまったカメラなんかもう一度見直しをした。
そうこうしていると、自分のライフスタイルが見えて来る。音楽もそう。4月で58才を迎える。自分にとって必要なもの、必要で無いものが、近頃少しばかり見えて来たような気もする。公園で出会う老人のなかで、あんな風に年をとりたいなと思う人に出会う事がある。何のこともないごく普通の軽四輪車でやってきて、立ち居振る舞いが柔らかで、穏やか。無駄がないのだ。かっこいいなと思う。自分も年を穫った。

昨日、教室の帰りに昔からの友人で同じラストショウのメンバーでもある、ギターのトクこと徳武弘文君の仕事場に寄せてもらった。処分するデジタル系の機材の取り説を借りる為。彼も機材が多くて処分しているらしい。どれくらいの価格で下取りされているかとかの情報の話。面白かったのは、デシタル系の楽器や機材はすぐに古くなるので、手放す時期を見極めないと二足三文の値打ちになってしまうこと。対して、古いマーティンやギブソンのギター、ヴィンテージのエレキ、アンプなんかは値が下がらず安定していること。2CVもそう。デジカメなんかどうなるのかな。愚かな画素数に騙されないで、みんな200万画素のオリンパスあたりの明るいレンズの中古で十分と思う。2万で買える。A4になんか引き延ばす事なんかある?
帰り、クルマの中で、自分にとって必要で大事なことって何んだろう・・・ボケーっとハンドルをとっていたら、隣にアイボリーのDSがスーッと近寄って来た。うーーーん。


ari 投稿日 : 2005年02月23日 20:17

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと