アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


尾崎と松田

今日は大阪のヒポポタマスで尾崎さんとライブ。そもそもは、先日のロッキン・オブ・エイジズの際に、尾崎さんと話していたときに、西宮のフォートワースジャンボリーに行くんだから、そのまま帰るのも勿体ない、二人で何か面白い事やってみようよ、というきっかけで話が決まったのだ。 スチールギターとハーモニカだけで何が出来るか。とにかくやってみようと。僕はその為、ギターだけは持っていった。ヒポポに入り、リハを始める。二人だけだから、すぐに隙間が生まれる。コードのこと、リズムのこと、スケールのことが頭をかけ巡る。尾崎さんも同じ事を思っているにちがいないのを感じる。ふたりで駆け引きするうちに、この隙間を楽しむようになる瞬間が生まれる。これだ。これ。といっても、1時間半のプログラムを組むのは難しい。曲が足りないのだ。本番では途中思い付いた曲を急きょ入れたりしてしのいだ。あっと言う間にライブは終わってしまったが、面白かった。まだまだ未消化の部分は残るが、初めてのトライに僕は手ごたえを感じた。次回、またやってみたい。


ari 投稿日 : 2005年07月12日 00:24

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと