アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


Eric Andersen

9/3、4と狭山で開催されるハイドパーク・ミュージック・フェスティバルが間近になった。スタッフサイトの掲示板を覗いていると、彼等の悲鳴が聴こえてくるようだ。地元の素人の人たちが、仕事の時間をやり繰りしながら、ここまで漕ぎ着けたのだ。頭が下がる思いで感謝。そんな中、両日のプログラムを受け取って、これは30年前の狭山ハウスの同窓会そのものである。ラストショウの初代ドラマーの尾口たけし君も秋田から参加する。そして、今日、Eric Andersenのリハーサルが東京で行われた。サポートは我らラストショウである。前もって資料を貰っていて、一応CDを参考に我々は準備していた。そうこうする内にEricが現れた。黒ずくめのダンディな服、長身で60才にしては若い。髪は短くなっていたが、あのEricだ。温厚で、うたのイメージどおりの人物。12曲をたっぷり時間をかけて練習した。アレンジもCDから離れ、自由にセッションできた。途中彼の口から「このままライブのCDが作れるね」とこぼれた。なんだか、いいコンサートになりそうな予感がして来た。
僕らは、あの30年前狭山でつくった歌を、同じ場所で唄うのだ。感無量である。


ari 投稿日 : 2005年08月30日 17:54

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと