アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


若林君

若林くんは皆からウディと呼ばれていた。もうずいぶん昔のこと。70年はじめの吉祥寺に「武蔵野たんぽぽ団」というグループがあってとても人気があった。僕はそのころアーリータイムスストリングバンドから誘われ大阪から吉祥寺に越してきたばかり。 「武蔵野たんぽぽ団」には高田渡氏もいた。シバもいた。ウディはジェシー・フラーの「サンフランシスコ湾ブルース」を日本語の歌詞で歌っていた。今気ずいたのだが、ハスキーな高音、渋い選曲と、お洒落なところは坂庭省吾とも似ているな。 僕はそのころ伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」を愛読していて、その本を見つけたウディも同好の趣味と分かり、にやり。 彼のアパートへ行くとマッチのコレクションが目を引いた。雑学の大家でもあった。渡ちゃんによく冷やかされては、ウディも負けずと言い返していた。そのご、たんぽぽ団がうまく行かなくなり、アーリーハウスには、シバが来てはバンドの愚痴をこぼし、ウディも来ては愚痴をこぼすようになりそのうちとうとう解散してしまった。そのご、ウディは渋谷のパルコの鞄屋さんで働いたりしていたが、いつのまにか消息が解らなくなった。 ここ数年になって渡ちゃんやシバが山口に居るウディを訪ねたという話を聴かされ懐かしく思っていた。 いつかまた会いたいな。 
四国から戻った日、よしだよしこちゃんから電話があった。ウディが亡くなった。ずっと奇病と闘っていたそうだ。音楽をやめてからは苦労の連続だったらしい。でも、いつか良くなってまた歌うんだとよしこちゃんに言っていた。 「サンフランシスコ湾ブルース」は僕も時々歌う。
ウディのあのひょうひょうとした歌がもういちど聴きたかった。
いまごろあちらで渡氏とふたりで「天国たんぽぽ団」でも結成し、喧嘩しながらも仲良く歌ってるやろな。
合掌


ari 投稿日 : 2006年05月25日 18:15

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと