アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


雨の歌舞伎町

梅雨まっただ中、アーリーのライブが新宿は歌舞伎町の外れにある「ウルガ」であった。場所は職安通りに面していて、あたりはアジアンエスニックな雰囲気が漂っている。3時入りであったが楽器を下ろしてから駐車場探しで時間が掛かてしまった。今月から交通法規が変わり駐車違反の取り締まりが厳しくなった。ライブハウスの仕事は実入りが少ない。そこに駐車場代の出費は堪える。以前はなんとか路駐で凌いでいたがもうそんなことはしていられない状況である。ライブの上がりから駐車場代を当ててくれるがメンバーには気を使ってしまう。都心に住むメンバーは電車を使ってやってくる。僕はカホンがあるし、帰りの終電は早いとくる・・・・・。
今日のライブは渡辺勝氏が最近一緒にやっている若手の歌手、松倉如子さんとジョイント。
第一部は松倉さんと勝氏のステージ。 お客さんは若い人がいたり外人さんのおじさんがいたりで、いつもと少し雰囲気が違う。松倉さんは幼い風貌で、小柄な体をくねくねと動かし、ステージは演劇的な匂いが漂っていた。さすが勝氏が連れて来た訳がわかる。強烈な個性のうたを聴いていると、ああここは新宿なんだ、新宿のライブハウスなんだなと妙に懐かしさがこみ上げて来た。
僕はステージが始る前の空き時間に歌舞伎町を歩いていた。雨はじとじと降り止まない。コマの近くのお店からMiles Davisのトランペットが聴こえて来たが、今やミスマッチな歌舞伎町かいわい。
紀伊国屋まで行き、パイプタバコ屋を冷やかし、金子光晴の文庫本一冊購入。 歩いているとボロボロの100円傘が分解してしまう。そのままヌレナガラ歩いてウルガに到着。その日のアーリーは助っ人竹岡隆さんのBassのサポートで心地よく良いステージが出来た。昔、アーリーは山下洋輔さんなんかが所属していた事務所で世話になった時期がある。なので、新宿にはこのバンド合うのだ。 ウルガのオーナーもええかんじの人物。 またやりたいなここで。新宿にはまだパワーがくすぶっている。


ari 投稿日 : 2006年06月16日 18:20

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと