アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


CMからリハーサルへ

今日は午前中に世田谷でCM。アメリカンホームダイレクト。曲調はフォークソング。アメリカ人の歌手が唄っていてその間奏、後奏を吹く。アレンジャーは南さんという若い人、前にKinki Kidsの録音で一緒だったらしいが、随分前のことなので失礼ながら思い出せなかった。プロデューサーは少し年配の方で、トゥーツ・シルマンスのCM録音をベルギーでやったことがあるそうだ。
そんな会話をしながら、僕は狭い録音ブースに入った。エンジニアはベテランのいかにも職人風の方。「希望のマイクはありますか?」と僕に尋ねたので、フォーク調でハンドマイクではないので、「87あたりですかね」と答える。エンジニア氏「無難な選択ですね」と。「一番好きなマイクはノイマンの67ですが」と僕。で「オケを聴いたらルーミーでラフに唄っているので、温かい雰囲気のマイクかな」と付け足した。こんなのどう?とRE-21を出して来た。これは"We Are The World"で一躍有名になったダイナミックマイクロフォン。なので、コンデンサーマイクと違って思いっきり僕のハーモニカに近くセッティングされる。普通のSure SM#57や58は音質は硬く、Lowが出にくいが、RE-21はLowがよく出てくれるとのこと。一応、南さんが録音したサンプルのハーモニカを聴き、それに沿って録音して行くことになった。僕はいつもハーモニカホルダーを持参している。きっと、今回は歌手がギターを弾きながらハープも吹く設定と思ったのでホルダーを付けて吹くことにした。
間奏は8 小節で歌を挟んで2回出てくる。そして最後に後奏が8小節。コード進行もよくあるシンプルなもの。一回目の間奏はサンプルに近いもの、2回目はそれを崩したもの。で、その2カ所から録音開始。南さんはディテールにこだわるアレンジャーみたいで注文が多く、テーク数がみるみる増えて行く。そのうち、2回目はブルージーな感じというのでセカンドポジションでやるが僕としては明らかに一回目と2回目は違う奏者が吹いているみたいで違和感がある。結局間奏は3テークを録った。で、後奏に入る。今度は一回目の間奏と同じで良いですと来た。こういう場合は一曲分通して流しながらスルーで録って行けば良いのにと思う。ここで、ベテランプロデューサーがタイミング良く出て来て、スルーで録りましょうと言ってくれた。これでワンテークでOK。ここまで一時間。そして、僕は慌てて次の仕事である、太田裕美さんのリハーサル会場に向かった。
へとへとの一日だった。


ari 投稿日 : 2007年01月31日 18:46

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと