アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


2007年春一番コンサートその2

今日の出番はトリの伊藤たかお「ペケ」のサポートで一曲吹く。出番まで楽屋裏の芝生に止っているペケのキャンピングカー前で、旧知のフォークシンガー金森こうすけ君とペケとダベる。
ステージでは今日は坂田さんのセットを観る。これがまたすばらしい演奏だった。一曲目は「早春賦」で、楽屋ですでにレパートリーを見せてもらっていたので、この曲をどのように料理するのか興味があった。はじめはソロでやったりとメロディラインをなぞるのだが、その崩し方が絶妙。こんなふうに自由に吹ければいいなぁと思った。メンバーが絡んで来てアドリブを強烈に吹き捲くるが、いつしかそれは感動的であった。涙が出そうなくらい。八尋君、バカボンもええ感じ。特に気に入ったのがピアノの黒田京子さんで、ダイナミックでそれでいて繊細、何よりも音がセクシーだ。オーソドックスなジャズも良いが、こんなに自由なジャズを聴いているとジャズもロックもどうでもよい。
というわけで、坂田さんにはとても影響を受けてしまった春一番であった。


ari 投稿日 : 2007年05月05日 18:56

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと