アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


東京の屋根の下


ALTISSAR PERISCOP 1:8


ALTISSAR PERISCOP 1:8

毎月第一金曜日は夕方から浅草のはもらん教室へ行く。関越高速から外環へ、川口から首都高速に入り向島で下りる。行きは一時間少しかかる。灰色の町を横目にうんざりしながらハンドルを握っている。しかし、帰りはこの町が輝き出す。隅田川に町の灯りが映りうっとりするくらい。おもわずクルマを止めて撮ったのがこの写真。f16でバルブにして2分間露光。しかし、高速の上は揺れるは揺れる。二枚目は案の定ボケている。それにスキャナの不具合か縦筋が出てしまう。カメラはドイツのALTISSARという単玉レンズのボックスカメラ。絞りが8と16、シャッタースピードはBと25秒しか無い。オモチャである。フィルムはブローニー。しかし、なかなかのレンズで気に入っている。戦後の流行歌で灰田勝彦の「東京の屋根の下」という歌があったが、この歌を聴いていると何だか東京が愛おしくなってくる。年いったか。


ari 投稿日 : 2007年09月01日 01:56

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと