アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


渡辺勝とEarly Times Strings Band

7月11日吉祥寺のマンダラ2にてライブが決定した。前からずっと、いつかはソロパフォーマンス
をやりたいと思っていた。よし、今回こそ、このマンダラ2がチャンスだと。しかし、ほんとに出来るのかたったひとりで・・・こんな不安を抱えながらなかなか日を押さえられなかった。
しかし、横浜でのアーリータイムスのライブの時に渡辺勝くんだと啓示が!
さかのぼれば、60年代後半大阪で悶々としていた頃、ナベさんは斉藤哲夫や岡林信康、そしてムーンライダースの前身である「はちみつぱい」などで大阪によく来てピアノを弾いていた。
僕はその時から彼の音楽に何か共感するものを感じていた。71年の夏、カナダ・アメリカ・メキシコ親善旅行へ行った。帰国後、24才の僕はこれからどうしようかと増々悶々とする毎日を送っていた。そんな中、難波にあるジャズ喫茶「バンビ」で東京から来ていた村上律とお茶していたら、「Earlyに入らんか」という誘いがあった。「ナベさんも誘ってるよ」というのだ。この時、ナベさんとなら何か新しくて面白い事できるかもと思った。それからすぐに東京に出て行く準備をはじめた。溜まり場だった難波の喫茶「ディラン」でこれからレンタカー借りて上京するが誰か便乗するやつおるか?と訊くと、ひとりチカモトという奴が名乗った。おチカである。こいつは後に「オリジナルラブ」のマネージメントで一発あてる奴だ。しかしケチである。
東京での生活が始った。有名なアーリーお化け屋敷での生活はアーリーのCDのなかに細かく記されている。メンバーみんなが唄い、楽器を持ち替えながら演奏する。僕はベースがメインで、珠にハーモニカ、歌をつくり唄っていた。貧乏だったが夢に溢れていた。その後アーリーはプロダクションに入りCBSソニーから一枚シングルを発表する。そして、これからLPというところで解散することに。原因はなんだろう。僕自身は覚めてしまっていた。フォークで有名な吉祥寺フォークが煮詰まって来ていたこともあったかも知れない。タンポポ団も内部はガタガタでひどかった。そんな中、情報や人の渦から逃げたくてこの狭山の米軍ハウスに向かったのだ。あれから何十年?今もこの狭山入間地方に住んでいる。アーリーはその後再結成している。こんなスタイルのバンド他には無い。ナベさんはほんと貫いている。
ナベさんこそアーリーそのものなんだと思う。アーリーの音楽は道ばたの雑草の花みたいだ。
けっしてメジャーにならない、いやなれない。ライブハウスならよい。しかし大きな華やかなステージに出たら恥ずかしがってすぐに萎れてしまうバンドなんだ。だから売れるわけがない。それでもうたう。誰かが僕らを見つけてくれる。道ばたに咲いている、みすぼらしく名も無い花を観ていう「君は何ていう花ですか?」名前なんかどうでもよいこと、ここが一番居心地がええのんよ。
7月11日のマンダラ2は「渡辺勝と松田ari幸一」二人のソロとコラボレーション。
二人でやるなんて、今までなんでやらなかったのかな・・・・・・

投稿日 : 2008年03月28日 04:03 個別ページ表示

おもうこと

立て続けに陰惨な事件が続いている。週に一度渋谷の教室まで電車で一時間と少しかけて行く。
帰りは夜遅くなるが自宅まで駅から徒歩20分。暗い夜道もあるが外国に比べたらまだ安全だ。
それより、日中のなんの変哲もない雑踏のほうが、何が起るか解らない恐い世の中になった。
どうして、若い人がこんな行動を起こすようになったのか。普通の子なのに・・・そうだろうか。何が普通なんだろう。雑踏の中にいると不安になる事がある。僕も昔自律神経失調症というか、医者は不安神経症と言っていたが二十歳の頃から三十代まで悩ませられた事があった。
電車に乗ると不安になりすぐに下りたくなる。急行や特急には乗れない。それほど雑踏の中で他人という存在が恐くなるのだ。何かが起ってもみんな知らん顔、子供が暴れても親もまわりの大人も知らんフリ、年寄りがいても寝たフリして無関心を装う。席に座ると儀式のように、みんな携帯やゲームで画面に向かって祈祷を始める。僕はと言えば、隣のおやじたちのうるさい会話が嫌でipodのなかに逃避している。今日はそんななか「There Ain't No No Way Out」New Lost City Ramblersを聴いた。アメリカの古いオールドタイムミュージック。貧乏な白人のマウンテンミュージックだが昔から好きな音楽。これが雑踏の中で聴くと良い。こんな素朴なのが何でこの都会にマッチするのか。人をおもうこと。今起っている事件は他人のことではない。

投稿日 : 2008年03月28日 03:22 個別ページ表示

CMと桜

今日は午前中CMの録音で麻布にあるスタジオへクルマで行った。スタジオ内のモニターには、速水もこみち君がフランクフルトを食べているシーンが流れていた。すでにドラムとベースとギターの録音が始っていた。ギターバージョンをいくつか録り終わり、その同じリズムオケに今度はハーモニカバージョンを作る。今日はGuyatoneのHP-300アンプを持参。これにAstatic Chrome マイクを繋ぐ。ハウリング防止の為、別ブースにアンプを置いたのでスタジオの長いシールドを借りるが音が今イチ。そこで太めのシールドに変えてもらうとバリバリに元気な音になった。それからテストでオケに合わしてみたら、プロデューサーが生で吹くようにと指示がきた。エンジニア氏はノイマン#87を用意。これで本番が始った。今日も、SUZUKI MR-550が活躍してくれる。譜面は用意されていないお任せ。ドラムの人が置いて行ったメモを借りる。2テーク吹いて終わり。


都内はあちこちで桜が咲いていた。渋谷で軽く買い物をして帰宅。その足で川辺に行くとこちらの桜は咲き始めたばかり。野良猫が気持ちよくごろごろしている。こちらも眠い。

投稿日 : 2008年03月27日 02:07 個別ページ表示

怒濤の一週間

朝起きてはクルマに乗り出かけ、深夜に戻るという生活がずっと続いていた。
なので記憶も混乱気味。昨日は長い一日だった。お彼岸でお天気も良し。埼玉から横浜までのドライブは早めに出発したが何と四時間も懸かりぐったり。横浜はサムズアップでのライブで、昨日のラストショウに続いてアーリータイムスストリングバンドのライブ。それで出演バンドが5バンドもある。僕らは一番最後の出演だが、もう半ば辺りから時間が押し気味。途中のロックバンド長過ぎるぞ。どの曲聴いてもワンパターンで眠くて居眠りしてしまった。目が覚めても未だやってる。客席見回したらみんな船こいでるぞ。結局僕らの出番は11時前だった。終わったら人が少なかった。当たり前だ、終電あるもの。これは企画者のミス。僕はいとうたかお君のサポートもやらしてもらったが、アーリーの渡辺勝君もピアノで一緒だった。これはひさしぶりにハマった。こんど勝氏とやりたいな。アーリーも楽しめたし、大庭ちん太とあんさんの「東京タワーズ」もすごい良かった。昨日のラストショウは代官山の「晴れたら空に豆蒔いて」やったかな、というライブハウスで一年ぶりのライブ。ゲストにケイコ・ウォーカーさんを招いてこれも大いに盛り上がった。しかし、ラストショウの演奏については僕個人的には満足出来ないのだ。何だかサウンドが一本調子。メリハリに欠けている。前からずっと感じているのだが・・・。ラストショウでは音量がでかいのでボーカルはいつもと違う。だから、ずっと前からクルマの中で自分なりにトレーニングしてきた。何年か前にアマチュア時代のサークルにいたグループのメンバーF君に「君はうたは唄わない方がいいよ」と言われた事がある。会うごとに何度も。これには傷ついた。自分は歌がうまいなんて思ってはいない。でも、どうして唄ってはいけないのか。ほんとうに辛かった。でも、テレビで懐かしのフォーク歌手なんか観ていたら、こんなんよりましな歌を俺たちは持っている。自分のライブではハーモニカ演奏がメイン、歌は一二曲である。ラストショウとアーリー時代は歌がメインだった。
だから僕は気持ちを切り替えなければならない。そして、両方ともバンドである。皆には迷惑かけたくない。歌がねえなんて言われたくない。ハーモニカだけやってたらもっと楽だけど、歌を作ったり、唄うことは本当に好きだ。アーリーとラストショウについてはもっと書きたいことがある。でも次回にしよう。

投稿日 : 2008年03月24日 00:45 個別ページ表示

さん喬・竹山

日曜の午後、浦和にある埼玉会館に出かけた。 高橋竹山さんからのご招待、感謝。
会館に着くと入り口に「落語と津軽三味線のコラボレーション~心に響く~さん喬・竹山~語りの世界」とあった。花粉症で目がしょぼしょぼで辛かったが、「死神」という落語に三味線が絡んでいくのだが、語りの表情、描写が素晴らしい。三味線がそれに寄り添いながら、死神の不気味さ、滑稽なほどの金の執着心を弾き出していた。後半はそれぞれのソロ演目でちゃんとステージで高橋竹山を聴くのはこれが最初かな。長い民族風のドレスを着、立っての演奏スタイル。
僕は津軽の門付を連想した。はじまってすぐに何故か感動してしまい不覚にも涙してしまう。津軽のリズムは一拍一拍の中に裏ビートがあって、ジャズのアフタービートに似ていると感じた。
しかし、竹山さんの裏ビートは"含むビート"あるいは"のむビート"と言って良いのか・・独特の間合いを生かしたニュアンスを感じる。フレーズはブルース等のように伝統的なリフが何度も反復する。恐らく他のよくある津軽三味線奏者と違うところは、そのフレーズの中にヒトとナリが存在していること。うまく表現できないが今日は本当に来て良かった。さん喬さんの落語もすごく良かった。これからは寄席に出かけてみたいと思う一日だった。

投稿日 : 2008年03月17日 01:28 個別ページ表示

SUZUKI MR-550

普段携行しているハーモニカケースは3個。そのうちのひとつがメインバッグ。最近気がついたのだがメインバッグの中のハーモニカのほとんどがSUZUKIのPure Harp MR-550になっていた。
大分前にここでも紹介した例のカバーがマホガニーのハーモニカ。New CDの録音前に浜松の鈴木楽器製作所へ行き、若い技術者の方に調整してもらった。結果すごく吹き易くなった。それまでは本番の演奏で度々音が詰まってストップしていた。つまりリードの隙間が狭いから、普通に吹いていると楽に鳴るのだが、本番ではやはり想像以上に気合いが入り強く吹いているのだ。
リードを起こしてもらってからは僕の力加減とジャストになり、これが素晴らしい鳴り方をしてくれる。音量も大きいし、音も太い、音色も信じられない程変化してくれる。ハーモニカが勝手に鳴ってくれるのだ。
僕はホーナーのSpecial20とGolden Melodyを愛用しているが、最近よく使うキーの手持ちが無くつい補充するのを怠っていた。そこにこの550があったので使っているうちに、SUZUKIだらけに。しかし、吹き口の厚み、もう少し薄くならないかな。それと木は唾液を吸って滑りが悪くなる。それにしても世界に誇るSUZUKIの10穴だと思う。

投稿日 : 2008年03月16日 02:50 個別ページ表示

吉祥寺マンダラ2

久しぶりに吉祥寺マンダラ2でライブをした。平日、DMも出していない。そんな心配どうり入りはマジ少なかった。しかし今夜は久しぶりに戻って来た有田君としばらく僕のライブはお休みの西海君の、これまた黄金の顔合わせである。マンダラ2は僕の原点でもあるライブハウス。僕のソロライブはここから始ったと言っても良い。好きな事やってもエエねんでと小屋がしむけてくる、そんな処。
そして、高田渡氏と一番一緒に演奏した想い出の場所でもある。今夜は新曲は勿論、しかしこのユニットならばハーモニカパラダイスの曲がお似合いと思い旧曲も用意した。しかし、始ってみるとさすがこの二人の組み合わせは、予想をはるかに越えるイマジネーションを展開してくれる。いつもの曲も新曲もまた違った味わいを見せてくれる。客席はほとんど僕が知っている人たちだった。こんど入間の蔵でやるライブを企画して戴くジャイプールというインド料理レストランのご主人も観にいらしていた。ここのカレーはお気に入り。それから、アリタイ前管理人のじみもはるばる富山から。ありがたい。じみはほんと僕のライブのつぼ知ってる。
ライブ終了後にはもっと驚くことがあった。僕が地球元気村でお世話になっている冒険家の風間さんが来たのだ。それもそこに立っているのだ。彼はパリダカールレースにバイクで参加、そして不慮の事故に合い重症を負った。一時は片足切断かとも言われたが、帰国し10数回の手術と入院、病院と医師との葛藤などで心身ボロボロにもなりながら闘っていたのだ。
そして、今僕の目の前に立っているのを見てびっくり。前にお見舞いに行ったときは特大のギブスでベッドに横たわっていたのに・・・。不屈の魂だ。

今夜は本当に充実したライブだった。 やはりマンダラ2は原点。 マスターの中野氏に定期的にやらしてもらうことを告げ店を後にした。

投稿日 : 2008年03月06日 04:33 個別ページ表示

春よ来い

けなげな

君は何て鳥ですか? ミミズ狙ってるのか・・・・

吉祥寺ライブの前日、近くの入間川川縁を散歩した。双眼鏡、デジカメをポッケに入れる。犬がいないのがやっぱりまださみしい。小鳥がいっぱい忙しそうに飛びかい可愛い声で鳴いている。花たちも芽をあちこちに顔をのぞかしている。川縁に下りて座っていると、魚穫りの名人と思われる白と黒の小さい鳥が、川面の上をジャンプしてはバシャンと水しぶきをたてて忙しそう。しばらくじっとして眺めていると、だんだんとこちらに近づいて来る。4,5メートル先の前方に彼は歩いている。僕は双眼鏡で1メートル寄り添って観察させてもらう。ぷっくり肥ったほんとに可愛く愛らしい。何て名前なんですか。

投稿日 : 2008年03月06日 03:49 個別ページ表示

GONTITI

春の気配を感じる暖かい日。久しぶりにルノーに乗り都心にあるというゴンチチハウスに向かった。閑静な住宅街にある二階建ての一軒家が、今日のGONTITIの録音場所。到着するなり、松村さんが僕のルノーを観て気に入ったよう。しきりに「色がええわ」「ルノーの何ていうの、へぇトゥインゴていうの?」「フロントのルーバーがええわ」「京都で見かけた変なクルマ、ありちゃん解れへんかな」・・・といろいろつづく。三上さんはお茶を薦めてくれたり、アレンジャーの方を紹介してくれたり、今日の僕が吹く譜面の説明をしたりしてくれる。今日の録音は一曲。
リズムはシャッフルでいかにもゴンチチらしい洒落た曲である。AとBの構成で、Bパートが決められたメロディー、最後のAの8小節を吹いていきなり終わるらしい。オケを聴きながらそういった説明をアレンジャー氏(ごめんなさいお名前忘れました)と三上さんから受ける。松村さんが「アリちゃん、京都で観たクルマな、前が網はってあったと思うねんけど・・・何やろな」、ちゃんと絵を書いて説明してくれる。僕が「チェコのスコダとちゃう?」とか、「フランスのファセル・ヴェガとちゃうかな」とかいうと、「へぇ、チェコかいな、ええなぁ」。アレンジャー氏が早速インターネットで検索して「これとちがいます?」とか、彼もけっこう旧車好きそう。
マイクの用意ができたようなので六畳ほどのブースに入り、ハーモニカを吹き、音チェックを始める。手元にあるヘッドフォンのコントロールでオケと自分の音のバランスをとる。
先ずはBメロディーをベルの音とユニゾンで吹くのだが、なかなかリズムをあわせられない。僕の悪いつっこみ癖が邪魔をする。何回かテークを録らせてもらいOKをもらう。向こうの方でまた松村さんが検索したクルマを観て「これとちゃうでぇ」「前にな、網みたいなん貼ってあるんやね」・・??・・?・・まださっきの京都の謎のクルマがどうやらと言ってるのが聴こえて来る。
そうこうするうちに、今度はエンジニア氏がマイクチェンジをしたいという事で、ノイマンの真空管マイク#269を取り出した。このマイクはあの名機#67の前のモデルらしい。
このあたりのマイクはすごく良いのは体験しているが、#269に変えたとたん音が明るく、素直な音になった。そして、残りのAパートのアドリブを吹く。3テーク吹いた。吹き終わると、うしろのほうで松村さんが「今のんええわ、ニューオーリンズのラッパみたいやわ、ええわ、これもらおぅ」と。その後、皆でプレイバックを聴く。僕の8小節のアドリブがこれからというところで、いきなり4小節の打楽器だけで終わってしまう。これが絶妙でオモロいと皆で納得。ボク的には「なんという結末」と言う。こうしてGONTITIの録音はいつもながら愉快で楽しい雰囲気のなか出来上がって行く。しかし、音のクォリティを大事にするGONTITIのふたりはやはり素晴らしかった。

投稿日 : 2008年03月01日 03:49 個別ページ表示

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと