アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


さん喬・竹山

日曜の午後、浦和にある埼玉会館に出かけた。 高橋竹山さんからのご招待、感謝。
会館に着くと入り口に「落語と津軽三味線のコラボレーション~心に響く~さん喬・竹山~語りの世界」とあった。花粉症で目がしょぼしょぼで辛かったが、「死神」という落語に三味線が絡んでいくのだが、語りの表情、描写が素晴らしい。三味線がそれに寄り添いながら、死神の不気味さ、滑稽なほどの金の執着心を弾き出していた。後半はそれぞれのソロ演目でちゃんとステージで高橋竹山を聴くのはこれが最初かな。長い民族風のドレスを着、立っての演奏スタイル。
僕は津軽の門付を連想した。はじまってすぐに何故か感動してしまい不覚にも涙してしまう。津軽のリズムは一拍一拍の中に裏ビートがあって、ジャズのアフタービートに似ていると感じた。
しかし、竹山さんの裏ビートは"含むビート"あるいは"のむビート"と言って良いのか・・独特の間合いを生かしたニュアンスを感じる。フレーズはブルース等のように伝統的なリフが何度も反復する。恐らく他のよくある津軽三味線奏者と違うところは、そのフレーズの中にヒトとナリが存在していること。うまく表現できないが今日は本当に来て良かった。さん喬さんの落語もすごく良かった。これからは寄席に出かけてみたいと思う一日だった。


ari 投稿日 : 2008年03月17日 01:28

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと