アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


SUZUKI MR-550

普段携行しているハーモニカケースは3個。そのうちのひとつがメインバッグ。最近気がついたのだがメインバッグの中のハーモニカのほとんどがSUZUKIのPure Harp MR-550になっていた。
大分前にここでも紹介した例のカバーがマホガニーのハーモニカ。New CDの録音前に浜松の鈴木楽器製作所へ行き、若い技術者の方に調整してもらった。結果すごく吹き易くなった。それまでは本番の演奏で度々音が詰まってストップしていた。つまりリードの隙間が狭いから、普通に吹いていると楽に鳴るのだが、本番ではやはり想像以上に気合いが入り強く吹いているのだ。
リードを起こしてもらってからは僕の力加減とジャストになり、これが素晴らしい鳴り方をしてくれる。音量も大きいし、音も太い、音色も信じられない程変化してくれる。ハーモニカが勝手に鳴ってくれるのだ。
僕はホーナーのSpecial20とGolden Melodyを愛用しているが、最近よく使うキーの手持ちが無くつい補充するのを怠っていた。そこにこの550があったので使っているうちに、SUZUKIだらけに。しかし、吹き口の厚み、もう少し薄くならないかな。それと木は唾液を吸って滑りが悪くなる。それにしても世界に誇るSUZUKIの10穴だと思う。


ari 投稿日 : 2008年03月16日 02:50

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと