アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


まだまだ

先日、裕美さんでTBSテレビの収録で赤坂のスタジオに行った。久しぶりに会うピアノのはっつぁん、西海くん、そしてバルセロナ帰りの裕美さん。みんな元気。お土産にシトロエン2CVのTシャツを戴いてしまった。60周年記念のやつ、そうか2CVも還暦なんや。
テレビの仕事は待ち時間が多い。睡眠不足の西海くんが眠そうに僕に話しかける。先日、録音の仕事をしている時アレンジャーからある楽器のプレイヤーで誰か良い人がいないか打診を受けたそう。それで仲間のA君を紹介した。翌日アレンジャーからそのA君では録音に適していなかったので、他の人を紹介してくれとのこと。それで、西海くんは某ベテランのO氏を紹介した。結果はさすがベテランO氏あっという間に録音が完了したと。オケを聴き、相手が何を求めているのか、自分は何をすべきなのか等、引き出しが必要なのだ。経験としっかりした技術あってのことだが。
西海君は言う。「人ごとじゃないっすよね。今までにきっと他の人に差し替えられているなんてある筈です」。「それは知りたくないっすね」と。
そんなこと言ったら僕なんて・・・・・自慢したろかぁ、そんな失敗山ほどあるよ。僕も知りたくない。でも自分は解ってる筈。その逆で優れた奏者の代わりに行ったこともある。その時はお前らの人選ミスか、導き方が悪かったんやでホンマはと思うことしきり。
自分に依頼があった仕事でスケジュールが合わず代わりに他のハーモニカブレイヤーを紹介する事もある。10穴奏者の仲間なんて少ない。依頼されるスタジオの仕事はブルースとは限らないし、いくら上手なブルース畑の人でも殆どが譜面がまったく読めない。必要ないしね。
若いプレイヤーにもチャンスをと紹介するが、仲介の業者からあとから訊くと「うーん?」が多いぞ。頑張れよ!若いのん。というても他の楽器に比べて需要ないけど・・・・寂し。


投稿日 : 2008年09月17日 21:36 個別ページ表示

休日其の弐

わが家の庭は南側に面していてそこには垣根がある。そして藤棚がある。御陰で日陰ができ快適な夏が送れる。 しかし、手入れをほったらかすと垣根の背は伸びボサボサになってしまう。ノウゼンカズラはもの凄い勢いであちこちの木に絡む。おとといは垣根を低く切り揃え、下草や枯れ草を整理した。剪定ばさみでの作業を午後から夕方にかけて頑張った。おかげで手と腕がぱんぱんになり痛い。
昨日は教室だったので作業はお休み。今日は残りのノコギリを使っての作業をする。背の高くなった木を切り揃えるのだが、幹が太くなっていて思いのほか時間がかかる。手、腕、肩、腰、足とあちこち痛いが爽快な気分である。出来映えを外で眺めていたら、通りかかったお婆さんに「あらっ綺麗に、お上手ね」「お宅は職人さんなの?」と言われてしまった。「ええ?まさかぁ。虎刈りの垣根見て下さいよ」と答える。ま、平日の午後こんな作業やってるしそう思われるかも。しかし、まだ藤棚が残っている。梯子に登って年寄りには大変。藤は勢いがあって伸びるスピードも早い。夏に一度登っているが、その時チャドクガにやられた。今回は帽子、長袖、首にタオルをして無事。明日もまた頑張る。

休憩のとき好物の「Dad's Root Beer」を飲む。ビールではない。下戸だし。
ダッズはサロンパスみたいな味がするコーラ風の炭酸飲料水。アメリカの味である。
日本ではなかなか手に入らないが、紀伊国屋で売ってたりして値段も高い。
しかし近所にCostcoが出来、そこでは2ダース売りでなんと一本あたり30円。安い!!



4月から5月に懸けての藤の開花。

メキシコのビール。SOL "太陽"。ボトルのデサインが良い。

投稿日 : 2008年09月12日 21:45 個別ページ表示

休日

久しぶりの晴れ


近所にこんな川があるのに水遊びするのはこの親子連れだけ。子どもよ溺れろ、足を怪我せよ、親がついてるぞ。

フライフィッシングのグループが・・・一度やってみたい。


おぉ、ここにも親子連れがいるではないか。ほなやってみぃ、そうそう、その調子や。

こちらはテニスコート。上から見るとゲーム盤見てるみたい。

投稿日 : 2008年09月11日 01:18 個別ページ表示

The Last Show リハーサル

今日は10月の1,2,3日と名古屋、京都、大阪で行うThe Last Show Reunion Tourの一回目のリハだ。ドラムの島ちゃんのローディーだったN君が末期癌で今月亡くなったばかり。当初、このツァーを企画した頃、病と闘っているN君は大阪に住んでいた。ならばこのツァーで彼を元気づけようと思っていたのだが、残念ながらそれも遅しであった。島ちゃんの初代のローディーで僕らと一番馴染みがあった。大きな体格だったが人懐っこい心優しいミュージシャンだった。志半ばでこの病。さぞかし無念だったと思う。
そんな想いのなか今日は新曲持ちより会となった。最初は新曲自分だけかと思ったが、次々と発表なので驚いた。僕は歌曲でハードなブルースを披露したが、久しぶりに大声出したのでクラクラ、フラフラ。年だね。10月まで体つくらないといけないな。もちろん他のメンバーもラストショウならではの曲を持って来た。リハーサルは楽しく終わった。あともう一回ある。
残すは動員だ。 がんばろう! しかしバテたので寝る・・・・・・

投稿日 : 2008年09月09日 01:49 個別ページ表示

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと