アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


サンジャックへの道

昨日、浅草教室のレッスンがあり発表会前のレッスンはこれで終わり。来週木曜に渋谷教室一回残すのみとなった。バンドの為のリハもしたし、生徒さんとの譜面確認もとれたので先ずは一段落。今日は映画でも観たいと思い、近所のユナイテツドシネマを調べたがテレビみたいな映画ばかりでやめる。久しぶりにTUTAYAに行く。シニアサービスで旧作は安く借りられるのだ。
そこで「サンジャックへの道」を借りる。今さっき見終わったところ。寝ようと思い寝床についたら、何だかメロディーの一説が浮かび、ハーモニカで吹いてみなさいと、お告げか。それはフィリディアンモードのスケールだった。で、その仏映画は良かった。おかしな巡礼の映画。詳しくはこちらの解説を。http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6992 
ムンバイのテロもあったりで考えさせられた。人生余計な物いっぱい背負い込んでしまっているけど、そぎ落として行くと新しい希望が見えてくる。宗教もそうか。コリーヌ・セロー監督良いな。おすすめ。
話は変わるが、
ギタリストの古橋君はチャーリー・マッコイと親しい。今年も京都で一緒だったみたい。
今チャーリーはレコーディング中だそうで、今回はJAZZのスタンダード集らしい。 メンバーはナッシュビルのミュージシャンなのできっとナッシュビルスタイルのジャズアルバムをつくってくれるだろう。しかし、本人曰く今回はたいへん録音に手こずっているらしい。
こんな偉大な人でもそうなんだ。
僕はと言えば今日NewCDの録音の為のブリプロの場所を確保しただけ。候補となる選曲は絞ったが、中身は全然見えて来ない。何を吹きたいの。お前は何がやりたいの・・・・・
毎日何をしているの・・・・情けない次第である。


ari 投稿日 : 2008年11月30日 04:28

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと