アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


旅を終えて その1

10日間の大西洋横断の船の旅。豪華客船「飛鳥2」のクルーズは当然快適。もちろんお仕事です。大きなソロコンサートは2日間、ラウンジでのライブが一日だけ2ステージ努める。
それにハーモニカ教室もあり3日間と発表会1日。けっこう私はそれなりに忙しかった。
船酔いは無かった。大きく揺れる日もあったが思っていたほどではなかった。レセプションのカウンターには酔い止め錠剤が置かれてあり、体調悪い人は自由に使用出来る。自分は睡眠薬代わりに使っていた。今回は寄港地がバミューダ島だけなので、一週間は360度水平線の中にいた。お天気にも恵まれ穏やかなクルージングが続いた。 イルカやクジラも観られたようだが、残念ながらタイミングを逃がして観られなかった。観れたのはトビウオ、イカの泳ぐ姿くらい。
公開の間毎日のように時計を一時間ずつ遅らしていくので、いつも5時とか6時頃に目が覚めた。なので、甲板に出て一周400mを三周のウォーキングをけっこうやっていた。日記は毎日書いた。なぜならこの船のインターネット環境が良くないから。 料金は有料で高く、それに遅い。携帯も使えない。使えるのは国際電話だけ。なのでかえってすっきりしたかも。
料理は朝から夜9時ころまで、3カ所の場所で食べ放題。 もちろん無料。 酒だけ有料。
展望大浴場もあって爽快な気分にひたれた。 大西洋の海の色はこれがネイビーブルー濃紺。
そしてそれがどんどん群青色に変化していく。空の色、雲の形などどう表現したら良いか解らないくらい美しかった。夕焼けは本当にすばらしい照明ショウだった。


ari 投稿日 : 2010年06月22日 22:43

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと