アリのひとりごと

2012年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとりごと検索


旅を終えて その3

私たちのようなパフォーマーや講師たちはお客さんと同じ待遇であった。
しかし、いつもお客さん優先という約束事は言われている。 食堂と船室スタッフはフィリピン人、バーなどのウェイターやウェイトレスはポーランドや東欧の人たちと外国人が働いている。
そんななかでお客と同じように食事したりの待遇になんだか複雑な気持ちになってしまう。
彼らは一日中目一杯働いているのがよくわかる。とてもハードだと聞いている。
そんな、人を観る事が、あとのニューヨークに入ってからの自分の立場を考える元になった。
短くもあり、長くもあった船の旅は終わった。
お客さんも気さくに話して戴く方が多かった。自分のハーモニカ音楽を温かく受け入れてもらい、楽しんでもらったことが幸せであった。


ari 投稿日 : 2010年06月23日 00:01

トピックス

松田幸一バイオグラフィー

CD・著作物の紹介/販売

ディスコグラフィー

ライブレポート

リンク

アリのひとりごと