ブラジルのカエターノ・ヴェローソの「ミケランジェロ・アントニオーニ」という曲。このユーチューブは偉大な映画監督ミケランジェロ・アントニオーニがオムニバス形式の短編にカエターノの音楽を使ったもの。僕も観たことのある「情事」や「太陽はひとりぼっち」のシーンが出てくる。
中学三年から高校一年の頃学校が嫌でよくサボっては映画館でくすぶってた時がありその頃イタリア映画とフランス映画を何故かよく見ていた。流石小僧には難解すぎた。でも映像や音楽など感覚では捉えていたと思う。今じゃ映像が迫ってくるほどだ。

コメント

このブログの人気の投稿

六月の予定

昨夜と今日のリモートレッスン

Amazing Melodies 録音メモ その2