投稿

4月, 2021の投稿を表示しています

Amazing Melodies 録音メモ その2

イメージ
  1. Moon River (Henry Mancini) 映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘップバーンが歌った有名な曲。この曲を聴くと僕は60年代にすぐ戻れる。原曲は三拍子だがトク(徳武)のアイデアで4拍子のレゲーに。西海君のアコギにトクのエレキそれに自分がベースとドラムをダビング。Key.FでハーモニカはBbのカントリーチューニング。 2. Wichita Lineman (Jimmy Web) 言わずと知れたグレン・キャンベルの大ヒット曲。キャンベルがウイチタを旅していた時電線工事で働く人をみてJim Webと共作。Jim Webは最高だ。優れたソングライター。この曲はKey.FだがAメロ6小節目からKey.Dに変わり8小節進みまたKey.Fに戻るという変わったコード進行を持つ。ハーモニカもBbカントリーで3小節を吹き4小節目からKey.Gのカントリーに持ち替えその後再びBbカントリーに持ち替えている。ダビングでコードハーモニカを使用。オリジナルと同じイントロと間奏をトクが6弦ベースで弾いている。 3. Telstar (Joe Meek) 60年代初頭イギリスのグループで最初の全米ヒットチャート一位に輝いたThe Tornadosの曲。ビートルズ以前のヒット曲。人工衛星が誕生し夢多き宇宙時代の幕開けを感じる曲。 ハーモニカにエフェクトをかなり掛けている。この曲でベースとドラム、パーカッションをダビングしたが流石に一人でやるとバテた。地球防衛軍みたいなコーラスは西海君と二人で多重ダビング。トクはエレキ。Key.AでハーモニカもAを使用。サビでオムニコードも。 4. Blue Moon  (Richard Rodgers) 最初に聴いたのはエルビスのシングル盤で。なんと僕はエルビスファンクラブの会員だったのだ。ここではシンプルに西海君の絶妙ギターをバックにLow Fのカントリーチューニングハーモニカを吹いている。普通のFより1オクターブ低いので2オクターブ使えるのがミソ。サビからキラキラ後ろで聴こえるのがSuzukiのOmniChord。 5. Vaya Con Dios (Inez James) メキシコの有名な曲。子供の頃家にあったレスポール&メリーフォードのモノラル盤のLPで一番好きな曲。50年代の雰囲気がありとても暖かく心地よ

Amazing Melodies 録音メモ その1

イメージ
ブログの最初は新しいCD" Amazing Melodies "の紹介をしてみよう。(2019年4月15日リリース)怠け者だからCD制作はあっという間に5年10年と間隔が空いてしまう。そんなどうしようもないハーモニカ吹きに声をかけてくれる群馬安中の サウンドタム さん。今回で3枚目のCDでっせ。感謝感激雨あられ! それでどんな風にCDが出来上がっていったか記憶を辿りながら書いてみます。サウンドタムは12畳程のブースが1つの簡素なスタジオを持ちCD制作、録音、ライブ運営、企画をする会社。しかし今や庭に手作りの窯を作りパンやピザまで焼き販売もしている。近くには磯部温泉もあり素晴らしい場所です。 で、CDですが自分を含め二人のミュージシャンで制作するのが基本になっている。今回はLastShowの盟友徳武弘文と昔から僕をサポートをしてくれている西海孝と言う二人の強力なギタリストが参加してくれました。 最初にテーマを設け録音するのではなく集めた曲のイメージからテーマが浮き上がりそれとなく録音がはじまって行くのです。今回のイメージは大阪道頓堀に今でもある松竹座。ここで観た洋画は忘れられない。特にニュース映画、予告編、本編と続く間の休憩時間。アイスやお菓子を籠に抱えた売り子が歩く中流れるBGMや本編で流れるサウンドトラックなど。人の気配や煙草の香りと共に今でも自分の心の片隅でそれらのメロディーが鳴っている。そして録音がはじまった。続きは次回に。